香港のデモにみる若者の意識の高さ

この国を変えてやろうって意気込みが非常に伝わってきます。
これは日本の若者にはない部分。
デモという行為を通しているので、警察との衝突動画を見るたびに心が痛くなるのですが、彼らは戦っているのでしょう。

選挙をしたい強く言っている人もいるようですし、これは日本とは全然違うなぁと感じます。
少し前の参議院選なんて選挙率過去最悪じゃなかったでしたっけ?
NHKをどうのこうのという党や山本某氏の当選は印象的でしたが。

日本の若年層は自民党支持が多いという情報もありますし、私からはかなり保守的に写ります。
せめて今よりは世の中が悪くならないでくれ・・・という気持ちがあるのではないでしょうか。
というか政治や今後の世の中の未来に希望がないのかな。

自分らで勝ち取っていくというのは日本では現実的ではないのでしょうね。
国民の気質や文化の傾向とも言えるかもしれませんが。
ともわれ日本の未来がいまいち見えてこないという人は多いでしょう。

先進国全般にいえることかもしれませんが、価値観を変えていく時期に来ている気がします。
ダイバーシティが重んじられていることもその流れだと思う。
即物的な価値ではなく、各々の感性を最大限に活かせるような価値観が求められているんじゃないかなぁ。

日本は治安が良いのが個人的に最高の長所だと思います。
だから個人的にはデモ活動などが活性化するのは日本には合っていないと思う。
若者がもっと社会参画できるような日本独特のやり方が生まれてくると良いですね。

ページのトップへ戻る