博多の陥没事故は日本全国危機感を持つべき

博多駅前の道路が陥没した事件は驚きましたね。
今回は博多だったのですが、こういったリスクは全国的にあるはず。
特に地下鉄が張り巡らされている東京は結構なヤバさなんじゃないかと思います。

東京の地下なんてまさにアリの巣状態。世界的にみても地下鉄の多さは上の方でしょう。
もちろんきちんと計算して作られているとは思いますが、部分的に脆い箇所もあるはず。
今回は早朝だったから被害はほぼゼロで済んだようですが、これが通勤時間帯だったら恐ろしいです・・・。

東日本の震災で道路もダメージを受けている箇所があると思うと普通に歩くのも怖くなっちゃいますねぇ。
まぁ実際のリスクは低いのかもしれませんが、そういった事故がありえると思うだけでも精神的なストレスは増加しますから。
でも危機感を持つだけでも突発的な事故を避けられる確率は多少ながら上がると思います。

事前に考えているとパニックになりづらいと思いますから。
私も東京の都心に近いところに住んでいますが、いざこういった事故が起こったらパニックにならない自信は正直ありません。。
都心だと周りの人間のパニック具合に大きく左右されるでしょうね。人のパニックや恐怖というのは伝染するものですから。

事故や災害とは共存していくしかないのはわかりますが、個人の努力でリスクは最低限に抑えたいものですね。

ページのトップへ戻る